大怪獣シリーズ 大映特撮編 「ジグラ (ガメラ対深海怪獣ジグラ)」 少年リック限定版
画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
画像6
予約受付終了
※発売(発送)時期:14年3月下旬頃
〈商品サイズ〉
全高:23cm
〈付属〉
水中ジグラ 全長:約10cm
〈材質〉
PVC(ソフビ)
〈仕様〉
塗装済み完成品(一部組立あり)
〈パッケージ〉
ウィンドウボックス
〈価格〉
12,600円(税込)
※写真は製作中のものです。実際の製品は多少異なる場合がございますのでご了承ください。
※彩色は手作業で行っております。微細な傷、塗りムラ、若干の色味の濃淡などが個々にありますので、予めご了承ください。
※パッケージは商品の梱包材です。商品輸送の過程で微細な傷、擦れや汚れが発生する場合がございます。
商品自体にダメージがない場合、商品及びパッケージの交換はお受けいたしかねますので予めご了承ください。
©1971角川書店
1971年7月公開の「ガメラ対深海怪獣ジグラ」
昭和ガメラの最後を締めるジグラの登場!

泳ぎ姿のジグラを「大怪獣」で発売してから、かれこれ15年、立ち姿のジグラをやっと発売する事ができました。

さて、このジグラですが、ゴブリンシャーク(ミツクリ鮫)がモチーフと言う事は、ネーミングではギロンと交差しますが、
実は、こいつが元祖ナイフヘッドだったのですね!
以前、TVで、ミツクリ鮫の映像が流された時は、あまりにそっくりで驚きました。
ミツクリ鮫は、1億5千万年前の太古に生息していた鮫の特徴も持っており、
1200メートルの深海に生息しているなど、“怪獣浪漫”をかきたてるモチーフですね。

公開当時、この頃には、5円ブロマイドも人工着色など控えめなのですが、
公式ポスターについては、当時の紙やインクから醸し出される何とも言えず淡いブルーグリーンの深海色が魅惑的です。
私の中では、「ミクロの決死圏」と甲乙付け難い色合いですナ・・・蛇足でした。

そして、只今、このジグラを迎え撃つ為、これも特徴的なジグガメが原型進行中です。
このガメラだけは、歴代の中でも特徴的なヒーロー顔なのですね。
スチール写真で有名な、鴨川シーワールドでの絡みが再現できる予定です。

今回この少年リック版には、ミニ潜水ジグラが付属しますが、
続いてのジグガメにも、潜水飛行ガメラが付属予定です。
是非、ポスターの絡みも再現して下さい!

引き続き、乞うご期待下さいまし!

この商品は少年リック限定版です。
一般小売店では「通常版」のみの取り扱いとなりますので、ご注意下さい。